お値段以上??


 

のっけから自転車と関係のない話で恐縮ですが、最近話題になった大塚家具の

 

「新生・大塚家具 大感謝フェア」

 

がかなり好評のようで、93万5000円の寝具セットが初日で限定数完売だそうで。

 

しかし新社長は

 

「低価格路線で多くの方に」

 

という方向性だったような。

 

いきなり方向転換は難しいでしょうし、既存顧客も在庫もあるわけで、今までと同じ商品を低価格で提供して話題作り、といった感じでしょうか。

 

今後どうなるか楽しみですね。

 

fururinもふらっと買いに行けるくらいの値段になると嬉しいのですが。。。

 

 

なぜ、こんな話をするかというと、

 

「モノの値段はムズカシイ!」

 

と常々思っておりまして。

 

たとえば売買が行われる場合、お互いが合意して一方がお金を払い、一方がその対価となるモノを得る。

あたりまえなのですが、この場合そのモノの価値と金額が釣り合っている、とお互いが合意しているわけです。

 

よく考えるとコレってすごいムズカシイ。

 

多くの場合なんとなく

 

「まぁ、コレぐらいの値段だろうな」

 

という曖昧な「感覚」で価値判断がなされる。

 

さきほどの大塚家具の93万5000円の寝具セット。

 

高いですよね(笑)

 

モノも見てないけどまず、高い、と感じる。

 

実物を見たら

 

「コレはお買い得だ!一つ買っとくか!」

 

となるかもしれません。※絶対にないけど。

 

 

fururinは自転車の修理をしてお金を頂いていますが、一般の方からするとその金額に対する感覚が全然違うので戸惑う方も多いです。

 

タイヤ交換やワイヤー交換、のようにモノを介しているとある程度わかりやすいのですが、それもピンキリですし、

 

今は量販店からインターネットまで自転車の部品を扱う所も多いので、むしろ差が大きくなっているようにも感じます。

 

自転車屋さんの修理代の基本的な考えは

 

「部品代+工賃」

 

というのが原則です。

 

この工賃というのが曲者で、作業時間から割り出される事が多いのですが、そうすると

 

「時間あたりの工賃が一緒なら遅いほうが高くなる?」

 

という事になってしまします。

 

つまり、

 

「的確に早くできる人よりノロノロしてる人のほうが工賃は高い」

 

という事が理屈上は起こりうる。もうわかんないですね。お客様からしたら不信感につながってしまうでしょう。

 

出張修理の場合だとお客様のところへ伺う時間も入るので余計ややこしい。

 

こういった問題は完全に解決するのは難しいと思うのですが、

 

やはりお金を頂く以上、金額の根拠もある程度ご説明して納得して頂いた上で作業をする。

 

そういった姿勢が大切だな、と再認識しました。

 

古田輪業では出張修理のご依頼のあるなしにかかわらず、お値段のお問い合わせやご質問も受け付けております。

 

お気軽にご相談下さい。

 

そうだ、お問い合わせフォームがいるな。

 

また仕事増えちゃった。。。

 

 

自転車の出張修理専門店 古田輪業

TEL:090-9844-3036

営業時間:平日10:00〜18:00(電話受付時間)

土・日・祝定休 ※臨時休業等は営業カレンダーをご覧下さい。

出張エリア

小金井市全域

一部地域:武蔵野市、三鷹市、小平市、府中市、東久留米市、国分寺市、調布市、西東京市、国立市