激安自転車は大丈夫?


 

今回はちょっと突っ込んだ自転車のお話。

自転車といえば、昔は自転車屋さん(専門店)で買うものでしたが、今ではどこにでもありますよね。

ホームセンター、スーパー、雑貨屋、ドン・キ◯ーテ、インターネット等々。

しかも、値段も安い。普通の自転車屋さんが困ってしまうくらい安い。

 

「街の自転車屋はボッタクリだ!」

 

なんていう方がたまにいますが、実際は仕入れ価格が全く違うので、正直今の時代は自転車屋さんがモノを売って儲けるのはかなりキビシイ。

どんな小売業でも同じですが、今はメーカーや、大手販売店が商品開発、生産、流通までを一手に抱えています。

チェーン店のPB商品なんかまさにそうですね。

 

それに対して、中小の販売店はメーカー、卸業者などを通して買うため、仕入れ価格に大きな開きができます。

コレに関しては時代の流れもありますが、自転車業界に居るものとしても、業界一丸となって取り組んで来なかった結果かなり歪んだ構造になってしまった、というのが持論です。

 

では、量販店やインターネットで売られている自転車の品質はどうなのか?

一般に流通しているモノであれば、もちろん工場出荷の状態では同じものです。

しかし、ノーブランドのどこの商品かわからない激安自転車は手を出さないほうがいいでしょう。

色々なメーカー(国内メーカーから、どこの何かもわからないものまで)の自転車をみてきましたが、

 

結局は「値段」です。

 

一般的な使用目的の自転車(ママチャリ、シティサイクル等)であれば、

 

「定価三万円以下はどれも一緒」

 

くらいの感覚です。

 

「量販店は生産から流通、販売までやってコストを抑えてるんじゃないの?」

 

と、思われるかもしれませんが、半分正解で、半分間違い。

大型店は販売に掛かる営業費、広告費などが中小の小売店とは比べ物にならないぐらい経費がかかる上に、

コストカットして出た利益をそのまま消費者に還元していたら、あんなデカイ建物立ちませんよね。

でも、実際に見てみると、

 

「この仕様でこの値段は安いな〜」

 

というのはやはり量販店ですが、それは

 

「安モノが更に安い」

 

であって

 

「いいモノが安い」

 

わけではありません。

結局はどんぐりの背比べ、どこかで品質を下げないと、あんな値段になりません。

ただ、たまにやるセールや、型落ちのアウトレット品なんかは有名メーカー品であればお買い得だと思います。

自転車屋さんが普通に仕入れるよりも安い、なんて時も。

そりゃあ街の自転車屋さんも潰れますよね。。。

 

近くの自転車屋さんが元気に営業していれば、そこである程度の価格のメーカー品を買うのが一番。

困った時の修理もちゃんとしてくれるはず。

量販店も最近は修理に力を入れているようですが、やっぱり専門店とはちょっと違います。

 

「とりあえず乗れればいいや。壊れたら捨てるし」

 

という方は、激安自転車いいと思いますよ。fururinは買わないですけどね。結局高くつくので。

もちろん安全面でも不安があるものも多いので、全くおすすめはしませんが。

 

正直、あまり批判したくもないのですが、マトモな自転車の流通が減っているのは、悲しいところです。

 

「高いけどダメ」

 

というパターンもあるので、尚更ややこしい。。。

ただ、毎日通勤、通学やお子さんや荷物、自分の命まで乗せて走る自転車。

 

「コレでいいや」

 

となんとなく買う前に、ちょっと考えてもらえたらな、と思います。

 

 

 

自転車の出張修理専門店 古田輪業

TEL:090-9844-3036

営業時間:平日10:00〜18:00(電話受付時間)

土・日・祝定休 ※臨時休業等は営業カレンダーをご覧下さい。

出張エリア

小金井市全域

一部地域:武蔵野市、三鷹市、小平市、府中市、東久留米市、国分寺市、調布市、西東京市、国立市