フルタ輪業

出張修理の古田輪業のフルタです!客様のもとにお伺いしてその場で修理!年間1000件以上の修理をしています!

Youtubeもやってます!

フルタ輪業をフォローする

自転車のようで自転車ではない?!ネットで買った激安電動自転車の落とし穴とは

自転車の使い方・選び方【メンテナンス・関連アイテムなど】
自転車の使い方・選び方【メンテナンス・関連アイテムなど】
—–PR——

以前にも書きましたが、ネットで売られている有名メーカー製以外の激安電動自転車はお勧めできないよというお話。

こちらの記事では子ども乗せ自転車は絶対有名メーカー製の方がいい、というお話でしたが、今日はそれとは別に普通の買い物用タイプでも色々問題が…というお話。

『まぁ、言いたいことはわかるけど、ちょっと使うだけだからなんでもいいよ。』

そんな考えは、危険なだけでなく、もしかしたら法律的にも問題があるかも知れません。

—–PR——

自転車と謳っておきながら、自転車ではない?

先日小平市のお客さまのご依頼でお伺いしたのですが、ペダルが取り付けられないという内容。

他の自転車屋さんで断られた、ということで嫌な予感はしていたのですが、伺ってみるとネットで買ったメーカー不明の電動自転車。

よくよく見てみると、モペットと呼ばれる『ペダル付き電動スクーター』でした。

残念ながら修理をお断りすることになりましたが、ペダルつけるくらいいいんじゃないの?と思われるかも知れませんが、それで乗れる状態にしてお渡しして、万が一乗車中に事故が起きたら誰の責任でしょうか?

相手が居て怪我でもしたら自己責任ということでは済まされません。わずかな料金を頂いてその責任を負うことは誰もしたくないでしょう。

そもそも『自転車』ですらないので全く関係ないといえば関係ないですし。

↓こんなやつですね

フル電動自転車 14インチ 折りたたみ 大容量48V7.5Ahリチウムバッテリー ブレーキランプ付 フル電動 アクセル付き電動自転車 モペットタイプ moped サスペンション 折畳 電動自転車【公道走行不可 [MOBI-BIKE]

価格:54,800円
(2022/2/1 21:07時点)
感想(1件)

※リンクを貼っていますがこの商品をお薦めしているわけではないのでご注意下さい。

このタイプは免許が必要な原付と同じ扱いになるので、ペダルがついていて自転車のような形をしていても自転車ではありません。

ですので自転車屋さんでは基本的に修理はしてくれないでしょう。フルタ輪業でもやりません。

公道を走る場合はナンバープレート以外にも、ウインカーなどの取り付けも必要になってきます。

一応商品説明欄にも『公道での走行は法律で禁止されています』と明記されてはいるのですが、誰でも買えてしまうので、よく見ないで購入してしまったり、もしくは意図的に無視して公道で乗ってしまう、なんてことも十分起こり得ます。

完全に犯罪ですのでアウトです。

今回も知ってかしらずか、すでに走行してしまった後でした。

正直このタイプは自宅の敷地がディズニーランド位ある、というセレブしか活用方法がない気が。

そして、そんなセレブなあなたにもおすすめしない理由があります。

そもそも作りが酷すぎる問題と、折り畳まれないオリタタミ自転車

ネットではさまざまなタイプのモペットが売られているようですが、今回は折りたたみタイプということで、さらに問題が。

公道走行できないモペットということで、修理はお断りしたのですが、一応どんなものかと触ってみると、折りたたみ部の固定レバーがグラグラ。

これで走ってたのか…と想像しただけで恐ろしいですが、単純にレバーが緩んでいて固定出来ていなかっただけでなく、そもそもレバーの作りが雑すぎて、まともに締まらないような状態でした。

実はこういった折りたたみ自転車はよくあるのですが、ネット販売の場合は折りたためる自転車はコンパクトになる分送料が安くなるので『売りやすい』という理由で多く出回っています。

そもそも折り畳む機構のせいで重量増になり、故障リスクも増えるのでいい事なしなのですが、なんとなく手軽なイメージと、折りたためる、というのが付加価値と感じられるようで、人気があります。

実際はほんとんど折り畳まれることなく使われるのですが、この場合上記のようなデメリットしか残らない事になります。

万が一このBlogをハリウッドセレブが読んでいて

『あら、ウチは敷地が広いからちょうどいいザマス。使用人の為に20台ほど頂こうかしら』

なんて思ったかも知れませんが、そんな金あるなら僕に下さい。危険ですので全くお勧めできません。

その上さらにダメ押しが…

ご丁寧にリアシートまでついている

ここまで来ると笑うしかないですが、サドルの後部、自転車であれば荷台部分に座るのにちょうどよさそうなクッションが…

仮に自転車であるとするならば二人乗りは禁止されていますのでこれまた完全にアウトなのですが、自転車でもバイクでもない公道走行不可の謎の軽車両なのでなんでもありなんでしょう。

こんな代物ですので正直持っているだけで警察に目をつけられそうな感じです。

まとめ:触らぬ神に祟りなし

以上のようにトンデモな代物だった訳ですが、所有者の方は色々と説明してもいまいちピンときていないようでした。

ネットで普通に売られているし、ペダルもついて自転車のような形をしている。

そんなものが完全に違法なものである、という認識になりにくいのかも知れません。

また、品質的にみても正直怖くてしょうがない、という感じなのですが、実物を見ても一般の方だったら分かりませんし、写真では尚更。

実際には実店舗だと品質的に売れないようなものでも、ネット販売であれば直接文句を言われることもないので店に置けないようなものをネットで売る、というのが多くの業者の本音でしょう。

まさに『触らぬ神に祟りなし』という事で、怪しげなものに手を出さないようにしましょう。

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました