写真で比べると一目瞭然。パンクの種類ってこんなにあるの? – 自転車修理の作業日誌


 

 

2021年5月26日(水)

 

 

自転車出張修理の古田輪業です。Blogのネタもなくなってきたな〜と思っていた矢先、様々な種類のパンクが一日にこんなに…

 

 

今まで紹介したものもありますが、並べると分かりやすいのでそれぞれ写真で紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初はこちら。調布市のお客様。スポークを留めているニップルという部品やその穴によって起こるパンク。

 

 

車輪の内側からパンクしているのがわかるでしょうか?原因は様々ですが、空気の入れすぎ、チューブの劣化、ニップルの緩み、リムフラップの問題などが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小金井市のお客様。こちらはおなじみ(?)チューブが削れておこるパンクです。

 

 

原因は空気圧不足によって漕ぐ力によってタイヤが動いてチューブを削ってしまうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西東京市のお客様。こちらは初登場、バルブがもげるパターン。こちらも先程と同じで空気圧不足によって起こります。

 

 

バルブは車輪のバルブホールによって固定されているので、漕ぐ力でチューブが引っ張られ、バルブに負荷がかかって起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

府中市のお客様。まだあんのかよ…って感じですがまだあります(笑)こちらはスケスケシースルーの夏仕様タイヤ。

 

 

涼しげで良いですね。なんて言ってる場合じゃないですね。危ないのでこんなふうになる前に交換しましょう。

 

 

原因は経年劣化や過負荷によるひび割れですが、ここまでなるのはそもそも作りに問題がありそうです。

 

 

 

 

 

三鷹市のお客様。さてラストはみなさんがパンクと聞いて真っ先に思い浮かべる「何かがささったパターン」

 

 

今回は動画を撮ってみました。最初はどこだかわからないと思いますが、タイヤの内側から手で触って異物を確認しています。

 

 

こんな小さなモノでも刺さると簡単にパンクしてしまいます。

 

 

さて、最後に番外編を2つほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立市のシェアサイクル。フロントフォーク(車輪を支えているフレーム部分)が曲がってしまったもの。

 

 

車体に対して左に曲がっているのがわかるでしょうか?

 

 

原因は事故や縁石、壁などに衝突した場合に起こります。フォークだけなら交換も可能ですが、フレームまで逝くと廃車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編その2は国分寺の学校。最近流行りのファットバイク…ではなくリアカー。

 

 

リアカーなんてまだ使ってるの?って思いますが、学校とかではまだまだ現役。

 

 

修理してくれるところが減っているのでこんな仕事もたまーにあります。

 

 

さて何年もこの仕事をやっていますが、こんなにレパトリー豊富(笑)な日はなかなかないですね。

 

 

いろいろな修理をやっていますよ、ということで自転車の修理のことならまずはご相談ください。

 

 

 

自転車の出張修理専門店 古田輪業

TEL:090-9844-3036

営業時間:平日9:00~19:00※当日の出張受付は18時まで

金・土・日・祝定休 ※臨時休業等は営業カレンダーをご覧下さい。

出張エリア

小金井市全域 一部地域:武蔵野市三鷹市小平市府中市東久留米市国分寺市調布市西東京市国立市